☆ぽんつかのあたまんなか☆

◆ぽんつかの妄想から生まれた架空のレースカテゴリ  ・現代のF1に限界を感じたぽんつかが、F1でもない、インディでもない   フォーミュラeでもない架空のカテゴリを構想☆  ・独自開発による『すごろく式PC上ボードゲーム』としてレースを展開☆  ・それをただただ何シーズンもプレイしてセカイを構築してゆくだけの   旧究極の一人遊び☆  そのプレイ記事、レース経過・結果、シーズン総括などを載せてゆく。  それだけ!!(byケロちゃん)

Formula NeXXtream 2ndシーズン・12

『Formula NeXXtream 2nd』
□第12戦 ルーマニア ブカレストリンク

f:id:pontsuka0729:20210509151947p:plain
 1周:3.07km
 特性:「高速」「市街地」
 ターン数:25(99周)

NeXX2ndシーズンもついに終盤戦にさしかかり、昨季タイトルを逃したラム
ダのリードで迎えた選手権。第12戦の舞台は、第6戦から続いてきたヨーロッパ
ラウンドの最終戦、そしてヨーロッパラウンド唯一の市街地戦、ルーマニアGPだ。
舞台となるブカレストリンクは、ルーマニアの首都であり文化と経済の中心都市で
あるブカレストの市街地に敷設されたストリートコース。ドナウ川支流、トゥンボ
ヴィツァ川のほとりの街ブカレストにある、『国民の館』と呼ばれる国会議事堂の
周りを周回するレイアウトだ。1周3.07kmのショートトラックは、『国民の
館』を囲む3本の幹線道路を使用。コーナーといえば三つ角にある交差点と、途中
中央分離帯を利用した3つのレーンチェンジングシケインの他はゆるやかなカー
ブしかなく、非常にアベレージスピードの高いストップアンドゴーのハイスピード
ストリートトラックだ。2008年に一度行われたイギリスF3でのラップレコー
ドが1:13:361だったが、昨季のNeXXではラムダが0:51:624と
1分を大きく切るラップを記録。今季は50秒を切るのではと噂されている。
今季の選手権はここまで序盤戦絶好調だったバトラーが独走するかに思われたが、
ヨーロッパラウンドに入ってのバトラーは走りに精彩を欠き、逆にヨーロッパラウ
ンドに入って息を吹き返したラムダが18ポイントリードで第12戦を迎える。
ラムダは昨季ここでポールトゥウィンを飾っており、終盤戦の猛チャージへと繋げ
たが今季はどうか? 対するバトラーは前戦チェコで5位入賞したものの、第7戦
以降入賞は2度のみ、表彰台0回と悪い流れは払しょくできずにいる。3位のファ
ングとは29ポイント差あるものの、展開次第では2レースで逆転されてしまいか
ねないポイント差だ。
とはいえ今季もラムダvsバトラーが主役の図式は変わらず、そこにファングや昨
季もタイトルを争ったラスムッセン、そして日向や新参リヴィエールなども巻き込
んで激しい争いとなったタイトル戦線。そして前戦チェコで「欧州低速ラウンド」
3連戦が終わり、新たな流れに突入してゆく選手権終盤戦は何が起こるかわからな
い。果たしてこのルーマニアGPが終わった時点で、タイトル争いの行方はどうな
ってるだろうか? レースは思いもよらぬ大混乱の展開となった。


<予選>
予選結果は以下の通り↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152008p:plain

セッション別リザルト↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152040p:plain

 

予選落ち(DNQ)↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152103p:plain

f:id:pontsuka0729:20210509152119p:plain

PP:ジャッキー・グーデリアン(マルドゥーク)
前戦チェコではリナルディのシエナがPPを獲得するサプライズがあったが、今回
も予想外といえば予想外の人間がグリッド最前列に名を連ねた。新参マルドゥーク
グーデリアンだ。アメリカンモータースポーツ出身のグーデリアンは、高速サー
キットと市街地戦が得意。低速ラウンドが終わり、舞台が高速トラックに変わった
とたんに水を得た魚のように躍動した。2番手にラムダ、3番手にバトラーを従え
て堂々の初PP獲得だ。さらに4番手にファング、5番手にラスムッセンと選手権
を睨む面々も追随する。そして、今季ここまで参戦ドライバーで唯一のノーポイン
トで、来季戦力外の噂も出ているトライアンフのカジワラが6番手に食い込む。ス
トリートファイターの異名をとる市街地の名手が、実力の片鱗を見せた。
7番手以降はマルケーナス、ティルクム、カブロン、バーンズ、そしてマイネと来
季の去就が不透明な面々が好ポジションにつける。マイネはこのレースを最後にリ
ザーブ降格、そしてティルクムに至ってはこのレース限りでクラークソンを去るこ
とが決まっている。来季のシート確保のためにもここで良いところを見せたい。
ここ数戦の走りで期待されたリヴィエールは16番手と中団グループ、また開幕戦
以降なかなか2勝目を挙げられていないロッソも18番手。そして前戦で今季初勝
利をあげた日向が21番手と後方に沈む。また地元チームのロムニ・ダキア勢はフ
ァーシマス14番手、そしてゲラが25番手と苦戦。スウェーデンで表彰台に登っ
たカレッジが最後尾に沈んだ。
今回の予選落ちはバロン、ヴィックス、ポルボローネ、セプターの4台。この中で
来季の去就が微妙な状態なのがセプターだ。昨季は抜群の入賞率と安定感を見せた
が今季は大苦戦。今季2度目となるこの予選落ちは、はたしてセプターの今後にど
う影響するか?


<決勝レース>
終始うす曇りで展開した予選セッションだったが、決勝はセミウェットでのスター
トとなった。スタート前に軽いシャワーがあり、その後も小雨が降り続く状態。こ
れで予選での使用済みタイヤの消化義務はなくなり、全車インターミディエイトで
のスタートとなる。雨の苦手なグーデリアンにとっては、せっかくのPPが台無し
。対する3番手のバトラーには願ったり叶ったりの展開。4番手のファングも雨は
大得意。果たしてレースはどんな展開になるか?

◆タイヤチョイス
 全車インターミディエイト選択

 使用済みタイヤの使用義務リセット

PPのグーデリアンは案の定スタートで立ち遅れる、2番手ラムダもスローな立ち
上がり。対して3番手のバトラーは水を得た魚のような動きで飛び出し、4番手の
ファングもそれに続く。結果2列目の二人がポジションをあげトップにバトラー、
2番手にPPのグーデリアン、3番手ファング、ラムダは4番手へ後退する。
中段ではこのレースでクラークソンを去るティルクムが、マルケーナスをかわして
7番手にポジションアップ、雨の中のスタートだったが大きな混乱はなくレースは
スタートした。

スタートでトップに立ったバトラーは、ここ数戦の停滞を振り払うように快調なペ
ースでトップをゆく。逆にPPスタートをフイにしたグーデリアンは、バトラーの
ペースについてゆけず2ターン目にはファングにかわされ、さらにラムダにもポジ
ションを明け渡す。後方ではスタートで1つポジションアップしたティルクムにト
ラブル発生。ギアボックスからのオイル漏れで満足にペースを上げられない。後方
では、こちらも雨での速さに定評のある12番手スタートのサントス・フィリオが
躍動。マイネ、バーンズをかわして9番手に浮上、ポジションを3つ上げる。この
レースを最後に今シーズンのNeXXからフェードアウトするティルクム、マイネ
にとっては苦しい展開だ。

トップのバトラーは快調、2番手に浮上したファングはついてゆけず徐々に差が拡
がってゆく。3番手ラムダは無理に追わず様子見の状態だ。逆に4番手に浮上した
ラスムッセンに後ろからつつかれる。
3ターン目、ティルクムがピットインしマシンを停める。ギアボックスからのオイ
ル漏れは深刻で、レース続行を断念。今季最後のレース、そして久々の決勝レース
だったがあっさりとリタイヤしてしまった。

今後の天候変化を読みながらひとまず様子見の状態だったラムダだが、後ろのラス
ムッセンは雨が得意。4ターン目にはラスムッセンがラムダをかわして3番手に浮
上する。昨季は2勝をあげ、最後までタイトル争いに関わったラスムッセンも今季
は開幕戦の3位表彰台が最高位。なんとかここで良いところを見せたい。その後ろ
ではPPスタートのグーデリアンがズルズルと後退。なんと6番手スタートのカジ
ワラにもかわされてゆく。逆に今季いまだノーポイントのカジワラは、千載一遇の
チャンスだ。

レースは5ターン目、雨は2ターン目に止んでおりコースには既にレコードライン
が浮いている状態。そろそろ全車インターミディでは厳しいコンディションだ。大
きなリードを築いたバトラーは、ややペースを抑えドライタイヤへの交換のタイミ
ングを計る。後方の連中も無用なバトルは避け、各々タイヤ交換のタイミングを見
計らう。後方では21番手スタートの日向が猛チャージ、なんと13番手まで浮上
していた。

★5ターン終了時のトップ10
 1.アレックス・バトラー
 2.デイヴィス・ファング
 3.ケリー・ラスムッセン
 4.ニコ・ラムダ
 5.ジョー・S・カジワラ
 6.ジャッキー・グーデリアン
 7.カーティス・マルケーナス
 8.アンドレアス・サントス・フィリオ
 9.アレン・バーンズ
10.アレンザンダー・カブロン

6ターン目、各車いよいよドライタイヤへの交換を図る。トップのバトラーを皮切
りに各車続々ピットイン。バトラーはハードへスイッチし2番手でコースイン、3
番手ラスムッセンもハード、ラムダはソフトでコースインした。上位勢ではファン
グが1ターン引っ張り7ターン目にソフトへ交換、そして後方の日向を先にピット
インさせたトライアンフはカジワラを1周ステイアウトさせた。しかし先にピット
に入れた日向のタイヤの交換に、トライアンフクルーが手間取る。21番手から1
3番手まで浮上した日向だったが、これで18番手まで後退してしまう。

ドライにスイッチしてもバトラーのペースは落ちず、ファングのピットインで再び
トップに立ち徐々に後続を引き離してゆく。後ろでは3、4番手を争うラムダ、ラ
スムッセン、5、6番手を争うカジワラとグーデリアンがデッドヒートを展開。そ
してソフトを履いて俄然ペースのいいラムダが、8ターン目にラスムッセン、9タ
ーン目にはファングを追い落とし2番手浮上。ラムダは最速ラップをマークしなが
らバトラーを追う。

中団では大きく順位変動が起こる。15番手スタートのハイデンフェルドが最速ラ
ップを塗り替え、前を行くロッソを追い落として10番手浮上。ロッソも18番手
スタートでポイント圏目前におり、逆にブレーキトラブルを抱えたチャップマン、
そしてティルクムと同じくギアボックスのオイル漏れが発生したマイネが、ずるず
ると後退。マイネも今季最後となるレースを飾れそうにない。そして9ターン目、
ブレーキに異常を訴えたチャップマンがピットイン、クルーも応急処置を試みたが
そのままマシンを停めリタイヤとなってしまった。

そうこうしているうちに、なんと上空からは再び雨が降り始める。雨雲は切れ間な
ブカレスト上空を覆っている状態。しかし雨は降ったりやんだりと、ぐずついた
天候は先が読めない。この先のタイヤチョイスが勝敗を分けるカギだ。はたして各
車どのような選択を下すのか?

11ターン目には再び雨がレコードラインを覆い隠す。そんななかバトラーはひと
まずスリックでレースを続けるが、2番手ラムダは速い判断でピットイン。丁度ガ
ケを迎えていたソフトタイヤから、再びインターミディへ交換しコース復帰する。
ファングもひとまずステイアウト、この時点で2番手に復帰する。後続はラスムッ
センをはじめ上位勢が全員ピットイン、インターミディへと交換する。
霧のような雨は徐々に路面を濡らす、路面は黒く染まってきているが、まだインタ
ーミディ勢とスリック勢のタイム差は大きくない。バトラー、ファングは懸命にマ
シンをコントロールしながら濡れた路面と格闘。対するインターミディ勢も前のス
リック勢二人を追い詰めるには至らない。中団ではサントス・フィリオがカジワラ
をかわして6番手に浮上。得意の雨での躍進を目指す。
そして中団ではもう一人、スリックで戦うドライバーがいた。日向である。一時は
タイヤ交換で18番手まで後退していたが12ターン目には12番手に浮上。「雨
の日向」の面目躍如、一躍ポイント圏内浮上を狙う。

そんな中ここでついにアクシデント発生。日向のうしろロッソに宋が追抜きを仕掛
けたところで宋がスピン、ロッソと後続のバーンズを巻き込んだ多重クラッシュが
発生してしまう。接触した3台はそろってそのままリタイヤ、レースはセーフティ
カーが出動する展開となる。事故の当事者認定された宋には、次戦1戦の出場停止
処分が下された。

ピットオープンとなった14ターン目、トップのバトラーは天候回復を見込んでハ
ードのままステイアウト。しかし2番手ファングはソフトタイヤにガケが来ていた
こともあり、チーム判断でピットイン。インターミディへとスイッチする。これが
2人の勝敗を大きく分けることになる。他の連中はぐずついた天候を未だ読み切れ
ず交換なし。そして中団で一人スリックで粘る日向も、タイヤ交換を見送った。

レースは15ターン目にリスタート。バトラーはリスタートを決めるも、ファング
のピットインで2番手に浮上したラムダはここでもやや立ち遅れ、後続のラスムッ
センに2番手を奪われる。タイヤ交換で8番手まで後退したファングは、2つポジ
ションをあげ、6番手浮上。さらに中団のスリック勢日向は、リスタートでデ・ラ
ンジェリスをかわして10番手浮上。ついに21番手からポイント圏内まで進出を
はたす。そして雨はまたもこのターンでピタリと止み、路面はレコードラインが浮
きはじめた。このままいけばスリックで粘り切ったバトラーと日向には俄然有利に
働く展開となるが、はたして再度の降雨はあるか? レースは終盤戦へと入ってゆ
く。

★15ターン終了時のトップ10
1.アレックス・バトラー
 2.ケリー・ラスムッセン
 3.ニコ・ラムダ
 4.ジャッキー・グーデリアン
 5.アンドレアス・サントス・フィリオ
 6.デイヴィス・ファング
 7.ジョー・S・カジワラ
 8.アレンザンダー・カブロン
 9.ミック・ハイデンフェルド
10.日向 俊郎

16ターン目、トップが入れ替わる。スリックで粘っていたバトラーに、インター
ミディエイトでステイしたラスムッセンがしかけトップに。濡れた路面を巧みに選
んでファステストを記録。同じく3番手のラムダも再度の降雨に備えインターミデ
ィでステイアウトしていた。グーデリアンはここで再度ドライへ交換のためピット
イン。後続もドライに換えるものとインターミディでステイアウトするもの分かれ
たが、インターミディを履いた面々の多くはもう少し引っ張り、残りをスリックの
ソフトで走り切る作戦へと切り替えていた。

トップに立ったラスムッセンだが、17ターン目にはスリックの方がタイムが速い
路面状態となる。バトラーが仕切りに前をうかがうが、ラスムッセンも簡単にはい
かせない。そしてラスムッセンと同じくインターミディでステイアウトのラムダが
限界の近いタイヤでバトラーとの差を詰めにかかる。
後方ではカブロン、そして16番手スタートのハイデンフェルドが入賞圏内に浮上。
かわりに6番手スタートのカジワラが後退、そしてドライタイヤにスイッチしたグ
ーデリアンは前の混戦に塞がれ10番手と停滞していた。

18ターン目になっても、ラスムッセンはバトラーを封じ込め続ける。3番手のラ
ムダがバトラーに追いすがるも、ラムダのインターミディも既に限界。ペースが上
がらない。4番手までポジションを戻したファングもインターミディ勢、最後にソ
フトへ交換するまでは様子見だ。そしてこのあたりから、インターミディでステイ
アウトしていた面々が続々スリックへ交換し始める。久々に5番手と上位でレース
を展開するサントス・フィリオ、カブロン、カジワラ、デ・ランジェリスといった
入賞圏付近の連中は、軒並みソフトへ換装して最後のスティントを戦う。レースは
残りわずか、再度の降雨が来てもスリックで乗り切る肚だ。

そして19ターン目、ここまでバトラーを抑え込んでいたトップのラスムッセン
ついにピットイン。ソフトへ交換するが、ピット作業にやや手間取りやや離れた2
番手、ラムダのすぐ前にピットアウトしてしまう。ここからラスムッセンとラムダ
の壮絶な2番手争いが、フィニッシュまで続いてゆく。
20ターン目にはラムダがラスムッセンをかわして2番手を奪い返す。しかしその
後ろではソフトへ交換したもののタイヤに熱が入らないファングが、ペースを上げ
られずにいた。

21ターン目、ついに途中のハーフウェットを利してハードタイヤを15ターン引
っ張ったバトラーが、このレース2度目にして最後のピットイン。フレッシュソフ
トへ交換しトップでコースインしたバトラーが、ここから猛プッシュでペースアッ
プ、ラムダ、ラスムッセンとの差をぐんぐん引き離してゆく。ラスムッセンのタイ
ヤは既にガケが来ており、バトラーを追うに至らない。4番手に浮上していたサン
トス・フィリオのタイヤにもガケ、さすがのヴァシュロンソフト勢も、フルグリッ
プで飛ばすバトラーを捕えきれず、その差を拡げられてゆく。
サントス・フィリオは逆に、ようやくタイヤが作動温度に達したファングにかわさ
れ5番手後退、ファングはようやく4番手までリカバリーしてきていた。

24ターン目には、セーフティリードを築いたバトラーはクルージングに入る。し
かし後ろではついにラムダのタイヤにもガケ、足元の条件的にイーブンとなったラ
スムッセンが、ラムダを捕え土壇場で2番手に浮上する。この2番手争いは最後ま
バチバチだ。しかしラスムッセンのタイヤはこのターンが限界、最終ターンには
どうなるか?
5番手に落ちたたサントス・フィリオのタイヤもそろそろ限界、後ろのハイデンフ
ェルドがかわして5番手に浮上する。さらにバトラー同様降雨の時間帯をスリック
でやり過ごし、1ピット節約に成功した日向が入賞圏内まで浮上。PPスタートの
グーデリアンをかわしてついに7番手に浮上してきた。日向は21番手からのビッ
グムーバー、対するグーデリアンは完全に天候に振り回されPPをフイにした。

レースは結局、雨をスリックでやりすごし他より少ないピットストップで走り切っ
たバトラーが、2位にマージン5の大差をつける圧勝。第6戦イギリス以来久々の
3勝目、「雨のバトラー」の面目躍如といった圧巻のレース運びでタイトル争いに
踏みとどまった。
最後まで激しい2位争いを演じたラムダとラスムッセンだったが、最終ターンにタ
イヤにガケが来たラムダがポジションキープを選択。ラスムッセンが開幕戦以来2
度目、こちらも久々の表彰台に登った。ラムダは堅実に3位をキープ、そして4位
にはなんだかんだでファングが入り、いわゆる昨季の「トップ4」が上位を独占し
た。5位にはサントス・フィリオ、6位はハイデンフェルド、ともに第6戦イギリ
ス以来久々のポイントゲット、そして7位には21番手スタートの日向が入り、相
変わらずのビッグムーバーぶりを発揮。
8位には連続入賞のリンドホルム、遅まきながら復調気配だ。10位のカブロンは
ようやく今季2度目の入賞。そしてPPスタートながら終始天候変化に振り回され
グーデリアンは最終的に9位に終わった。

ドライバーズ選手権はこれでトップのラムダの144ポイントに対し、バトラーが
136ポイントとその差8まで縮まった。ファングも107と踏みとどまり望みを
つなぐ。そして久々の2位表彰台で83ポイントとしたラスムッセンがランキング
4位に浮上。辛うじてタイトル争いに踏みとどまった。以下日向が80ポイント、
そしてリヴィエールとロッソが79ポイントで続く。
ヨーロッパ以前まで好調だったバトラーが復調の兆し、そしてヨーロッパラウンド
に入って息を吹き返したラムダが、やや息切れ気味。そしてここにきてラスムッセ
ン、日向といった伏兵がようやく追撃を開始した。ラムダvsバトラーの図式は変
わらずもここにきて終盤戦、やはり混戦模様へと雪崩こむ予感だ。

一方チームタイトルはやはりピットブルとマーキュリーの一騎打ちの様相だ。ノル
ディックが123ポイントで3位に浮上も、トップ2はピットブルが202ポイン
ト、そしてマーキュリーが182ポイントとこの2チームが頭抜けている。
そしてトップ2のポイント差はわずか20ポイントだ。残り6戦、マーキュリーの
逆転の可能性は十分ある。

次戦から舞台はヨーロッパを離れ、ユーラシア大陸を縦断するアジアラウンドへと
突入。そして、残り6戦中5戦が市街地と、コース特性もヨーロッパラウンドと大
きく変わってくる。これからの6戦、1戦1戦目が離せない。はたして誰が王座へ
と近づけるのか?


最終リザルト↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152343p:plain

f:id:pontsuka0729:20210509152242p:plain

f:id:pontsuka0729:20210509152409p:plain
Winner:アレックス・バトラー(マーキュリー)

ラップチャート↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152504p:plain

f:id:pontsuka0729:20210509152516p:plain

f:id:pontsuka0729:20210509152541p:plain

f:id:pontsuka0729:20210509152553p:plain

 

ドライバーズランキング↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152619p:plain

 

チーム・マニュファクチャラーランキング↓↓↓

f:id:pontsuka0729:20210509152640p:plain


次戦からはヨーロッパを離れるNeXX、第13戦は異国情緒漂うカスピ海西岸の
都市、バクー市街地で行われるアゼルバイジャンGPだ。F1と同様のレイアウト
を使用し、直線と直角ターンで構成される新市街地区間と、入り組んだ狭い町並み
を通る旧市街地区間、全く性格の違う2セクションを持つ難所だ。終盤戦に突入し
激化する選手権、激しい戦いとなること必至だ。こうご期待!!